e-浮気調査値段ガイド

ページの先頭へ
e-浮気調査値段ガイド トップ > 配偶者が不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対

配偶者が不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対

配偶者が不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、夫婦の関係が冷め切っていたときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。


慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、夫婦の歳、結婚年数など全体的にみて裁判官の決定を待つことになります。
食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートには飲食時の人の数が特定できるように記載されている事もあるので、浮気をしていたと判断する材料になります。
加えて、支払いをクレジットカードでした時は月々チェックするようにします。

出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合や一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、一人ではなく誰かといたと推測される場合があるでしょう。
探偵による浮気調査の結果、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。心から信用のできない人間と一生共に生活することは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。



あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求すると別れさせることも難しくはありません。
着ている服を見て浮気の証拠を見つけられます。

浮気をすると、分かりやすく現れるのは変化していく服装です。おしゃれにはこれまで疎かったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば注意が必要でしょう。これから先浮気をしようとしていたり、浮気している人がいるかもしれません。


信頼できる探偵事務所を選びたいときには、利用者による口コミを調べると安心です。



間違えないでいただきたいのは、該当する探偵事務所の公式サイトに掲載されている口コミなんかではなく、全然関連のない掲示板や専門の相談サイトに書かれているような口コミを調べる方が信頼できます。その探偵事務所が管轄していない口コミの方が、信頼性は高いものになるはずです。車の目立たない場所にGPS端末を設置して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、移動中の所在を確認したり、記録されたデータを後で読み出し様々な分析をすることも可能です。
普段、運転しないような人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。こうすることによって、パートナーの行き先や滞在した時間も割り出すことができるでしょう。

法律的に、結婚している男女が配偶者ではない人と男女の関係にいたることを不貞と定めています。すなわち、法律の上では、男女関係に発展していなかったら食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫じゃないということです。

個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。



浮気をしている事がSNSを通じてばれてしまうこともあります。SNSは名前を伏せて利用している事もあるのでパートナーも注意が足りずに、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事がありがちでは、ないでしょうか。

時には、浮気を証明してしまうような内容をネットにアップしてしまう事もあるのです。ユーザーIDを見つけたなら調べてみて下さい。



浮気に関する調査を成功報酬で探偵事務所に依頼したら損することは無いかと言いますとそうとも言えないケースもままあります。
普通、成功報酬と言えば調査が成功しなかった時、報酬を払わずに済みますからシステムとして依頼者が得するという感じがします。

ですから、成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、利用しようとしている人もいます。



探偵をお願いすると高くなるので、自分ですればいいと考える奥さんもいます。難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、いざ、自分がしてみると失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので想像以上に難しいはずです。
こちらの行動がバレてしまうと、相手は手を打つので、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあります。
相手の行動を見逃さないためには、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。
Copyright (c) 2014 e-浮気調査値段ガイド All rights reserved.