e-浮気調査値段ガイド

ページの先頭へ
e-浮気調査値段ガイド トップ > 依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならばいい

依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならばいい

依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならばいいということではありません。浮気の事実があるのか調査していると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。

そういう時に、一番に依頼人のことを一番に気にかけてくれる探偵が信用すべき探偵なのです。信頼できる探偵かを確認するのには、相談した時の対応などで慎重に決めるとよいでしょう。



もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を請求する側になったとすれば、まずは相手のことを知らなればなりませんし、不倫関係が継続している事を、形として掴まなければなりません。
しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を撮影してくれますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を準備して貰えるのです。

探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。もちろん、調査員が少数なら安く、増えれば増えるほど高くなります。また、尾行のために車とかバイクで行う場合、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認が大切です。


浮気調査で肝要なのは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。

浮気の痕跡が確かでない場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。証拠が揃い、浮気が間違いなくなったならば、次にすべきことは、浮気相手の特定です。

仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、不倫相手の正体を押さえるのです。浮気の調査を探偵に任せ、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。心から信用のできない人間と一生共に生活することは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。

それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求したならば二人が別れることは間違いないでしょう。


相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。子供がいらっしゃる場合だと特に、旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。

相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。


それは男性の場合であっても同様で仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。GPS端末は、車の目に触れないところに取付して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、現在地を把握したり、記録したデータを後から取り出して様々な分析をすることも可能です。車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。
これで相手がどこをどう移動して、何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。

あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、仮面夫婦と化していたり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。
慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、何歳であるか、何年結婚しているかなど全体的にみて裁判所が決定します。
探偵に依頼するなどし、なにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。相手が浮気をしているのではないかと思った場合、証拠を自ら集めようとするでしょう。でも、浮気の証拠を自分だけで手に入れるとなると、相手に見つかるという可能性が高いです。理由としては単純で、あなたの顔を覚えているからです。

日常生活の中で、相手の行動を注意しながらみることは自分ひとりでできないことではありませんが、ごまかしきれないような浮気の証拠を掴む場合には、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が失敗がありません。

そして、探偵をお願いした場合は、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。
Copyright (c) 2014 e-浮気調査値段ガイド All rights reserved.