e-浮気調査値段ガイド

ページの先頭へ
e-浮気調査値段ガイド トップ > 同じ電話番号の人から何度も電話を

同じ電話番号の人から何度も電話を

同じ電話番号の人から何度も電話を受けていたり電話番号があるとしたらそれが浮気相手とのやり取りであるのは濃厚であると考えられます。
その後、その電話番号の持ち主を調べればいいのですね。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。


不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士がいいでしょう。



婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのか考えてから相談するようにしましょう。また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談するようにしてください。女性の場合、近所の奥さまや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、近所の噂のタネになりたくない時は、どんなことがあっても止めましょう。



配偶者が不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料を請求することができません。慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、あなたの年齢、結婚歴等様々な角度から検証して裁判所が決定します。
探偵事務所を探す方法としては、利用者による口コミを調べると安心です。
そのようなときには、探偵事務所が運営するホームページに記載された口コミを見るのではなく、運営が異なる掲示板や相談サイトに載っているような口コミをチェックするといいでしょう。

探偵事務所の関係者以外による口コミは、比較にならないくらい信頼できる情報と言えます。

どのような服装か確認することで浮気の実証ができます。浮気をしている人に、著しいのは変化していく服装です。



それまではお洒落には興味がなかったのに、突然にファッションにこだわるようになったら慎重に見ておく必要があるでしょう。浮気へと進展しそうな人がいたり、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。
慣れないことを自分でやるよりは、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。
探偵にお願いすると、浮気の証拠を確実につかむことができます。

自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実はないと逃げられたら、有利な条件で離婚できません。そのためには、絶対確実な証拠が必要です。
配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気を確定することもあります。
まず、普段は入らないようなよくコンビニエンスストアのレシートを目にすることが多くなったら、その近辺に普段から何回も行っている事になります。

その場所でずっと見ていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。

離婚も辞さないつもりで、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。


そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、揉める元なので、避けるのが賢明です。信頼している人を連れて行けば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。信じて頼れるような人がいないなら、探偵等に頼むことをお勧めします。



成功報酬の難しいところは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間あったとしてその3日間だけ浮気をしていなければ調査は成功となってしまうのです。

実際に浮気があったとしても、その3日間だけ浮気が見つからなければ、浮気の証拠がつかめないまま、浮気調査は終了してしまい、成功報酬としての料金を請求されます。奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでおぞましい戦場になるシーンは、映画やドラマでよく描かれます。ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、傷害や場合によっては殺人さえも起こるという脚本もしばしば書かれます。浮気の現場を直接つかまえるのも方法としてアリです。別れる決心がついている場合は、試してもいいと思います。


Copyright (c) 2014 e-浮気調査値段ガイド All rights reserved.